趣味の総合サイト ホビダス
 

無限空間

|

CB50・CB90系エンジンとの長~く楽しいお付き合い

Archive for the ‘SL230エンジン’ Category

XLR200RにSL230改ENGを載せる(本命?)

日曜日, 1月 4th, 2015

一昨日の初乗りでFTR223改ENGのテスト走行が終了したので

TAKEのピストン/カムを組んだSL230改233ENGに載せ換えます

MJを#115→120に交換する 本命のエンジンだ(お金掛けてます・笑)

載せ換え時はセルモーターを外して作業すると楽です

サクサクと載せ換え新品オイルを入れて完了

駐車場のコンクリ面がキレイで気分がヨロシイ 2年に1回は洗いたい

XLR200RにSL230改233エンジンを載せる

日曜日, 12月 15th, 2013

FTR223改エンジンのテストを終えたので、

以前載せていたSL230改(233TAKEGAWA)を再度載せる

少し薄かったMJを#115→#120に変更

問題無く載せ換え終了 (パルサーの配線が短かったので少し伸ばした)

セルモーターが軽く回るのが嬉しい

CB125JX改クラブマン2号で走り納め!!がぁ?

土曜日, 12月 31st, 2011

この排気口では、「大人げ無い」爆音になりますんで

「紳士」のアタシとしては、とても公道を走れる雰囲気では有りません

そこで、こんな事も有ろうかと 以前作って置いた、

出口をぐっと絞ったパーツへ交換 

ざ~っと造ったので、造形美が全く感じられないのが 非常~に残念(笑)

だが、音量は半分以下に(聞いた感じで)になったはず

リアタイヤも2.50では、サビしいので2.75に交換  

冬場はゴムが固くて、こんな細いタイヤの交換も大変でした(中古の新品?)

ドリーム50のリアホイールをそのまま使用してる関係で

シャフトが細くなるので、(15ミリ→12ミリ)

チェーンアジャスターにカラーを溶接して対応してます

MJを#130に交換して走り出すが、

あれれ? すぐ エンスト! 直後にセルボタンを押すと始動

何回か繰り返し  んんん~        思い出しました!

こりゃ CDIがいかれちょるバイ (XLR200Rで経験済)

速攻で、スペアーと交換  持ってますよ~ん ちゃ~んと

新設したタコメータで  8000まで確認できました

それ以上は、「振動」が発生してCBの車体では、耐えられません 

一応 230の可能性を確認出来ましたので

来年(明日から)は、ばらして塗装して  あれこれやって完成!かな?

2011年の正月からやってますんで、いい加減 終わりにしないと

CB125JXクラブマン2号もキャブセッティング

日曜日, 12月 11th, 2011

もう1ヶ月前、筑波サーキットに行ったまんまの

クラブマン2号のプラグを確認すると、

あらら、真っ白・白

アクセルを戻すとパンパンと鳴るので、およそ予想してましたが

もうプラグの中心電極が溶けそうです (ちと大袈裟?)

で、MJを#118→128に交換 自作の専用工具(笑)を使用

テスト走行したかったが、

また、頭がフラフラして来たので、今日は終了

そうそう、タンクバンドなるものを買いました

こいつを付けると、グッとカッコ良くなる事間違いなし(ホント?)

クラブマン2号のセミレーシングエキゾースト製作

土曜日, 10月 29th, 2011

以前加工した、SL230のエキパイを利用したアップタイプのエキゾースト部に

もっとセンターに寄せたいですが、元の曲がりを利用してるんで、これが限界

うわぁっ 配線がきちゃない

テーパー管の後半部とサイレンサ(カーカー)をくっ付けました

XE50のでしたが、もう手元に無いので (さらに元はCB50JX用・使いまわしです)

ステンレス製のエキパイ部と普通鋼板の溶接ですが、特に問題は有りません

もちろん溶接作業は「ライトデザイン」でやってもらいました

 (下ごしらえは、自分でやりますが)

こんな感じです ランディング時の妨げにはなりません

この「アップタイプレーシングマフラー」は「鈴鹿レーシング」がオリジナルです

エキパイ部の曲がりがキツイので、出力低下が懸念されましたが

計測では、特に問題有りませんでした(38年前)

車高を落とせるのと(アンダーマフラーは路面と接触する)

転倒時のマフラー後半部へのダメージが少なくなります

(マフラー作るのが大仕事だもんで)

反対側は、こんなにすっきりしました 

(足元が寒いですが、そのうちにアンダーカウルを付けます)

さらにオイルクーラーも取り付け 

(あんまり効率的な取り出し位置では無いですが)

ちょいと、迫力が200%増しました

あした、コイツで筑波サーキットにGo!! 

TL仲間のベニーさんとデートです (嬉々)

ただ、ぶっとい排気音なので途中が心配です (苦笑)

2週間前に少し痛めた「腰痛」も悪化しなけりゃ良いんですが(悲)

クラブマン2号の223エンジン用エキパイを作る

日曜日, 7月 24th, 2011

ヤフオクで買った社外品を切って合わせます FTR223らしいが長すぎ

昨日、加工した物をいつもの工場にいって社長にくっ付けてもらいました

で、完成! 途中経過はカメラを忘れて行ったので、無し 社長!毎度有難うさんです

125JXのノーマルに比べると、アールがキツイです

ステンレスなのでちゃんと中にアルゴンガスを通して溶接してました 

(チタン溶接と同じ!お~っスゲェ~)

単に短くしただけに見えますが、

切口とマフラーの端を合わせるのが,これまた大変なんですよ~

全体の雰囲気もグッと逞しくなりました マフラーはノーマルなので静かです

ついでに、これまたランクルさんに頂いたSL230のエキパイを加工して

レーシング用を製作  レーシングはアップに限ります (拘ります!!・笑)

(オイル受けアンダーカウルの加工も簡単だし)

タンクの下面と平行にしたかったが少し(だいぶ?)狂いました

元の形から、アール部を活かして角度を合わせフレームに沿わせます

出口は25ミリ伸ばしました ダウンチューブを逃がすため

タペットを調整して(少し広い)、オイルを注入して始動 簡単に掛かりました

いつもの霞ヶ浦湖畔を試走 良い感じです

途中でトラブル、プラグ交換でOK 

6速は繋がりも良く特にシフトダウン時のショックが小さいのがGood!

XLR200Rのエンジンより良い感じです こいつをチューニングします

貰ったものですが、異音も無く静かな極めて程度の良いエンジンでした

有難う!ランクルさん

溶接は、ここでやっていただいてます

あの有名な「井形マリさん」の旦那の工場です 

ちなみに、アタシは「鈴鹿レーシングの1期先輩」です(体育会系です・笑)

ライトデザイン

是非、加工の方もご利用ください アタシの紹介だと少し安くなるかな?(ねぇ~社長)

アタシの場合は、いままで溶接だけを頼んでいるだけです(誤解のなきように・苦笑)

旋盤作業もアタシ自身でやってますからねぇ~(工作機械は勝手に使ってますが・笑)

クラブマン2号を久しぶりに起動

日曜日, 7月 17th, 2011

ん?動かない GASが落ちない 火が飛ばない なぜ???

先ずはキャブを弄くる

何やら緑の液体が?

日陰の道端であれこれ弄って直りました 

直った頃には、日陰もすっかり無くなって暑いです

で、テストがてら友人宅まで行く間にSTOP!あれっ? 炎天下の畑の真ん中で

原因は、コック台座に塗り付けたシール剤の詰まりでした 

コックを外し、通路に詰まったベトベトをほじくり出して OK~ 

あ~~っ暑い

その後もなんやかんや有って、本日も暮れて行きました

SL230エンジン・部品を頂戴しました

日曜日, 6月 26th, 2011

NET友人のランクルさんから連絡が有り、90系の部品を戴けるとの事

手土産少々を手に朝早くの引き取りに

着いてびっくり、驚く程の部品が!!

 

ヤフオクで買ったら、恐らく10諭吉以上(!!)

う~~ん「手土産少々」では足りなかったのかも~(恐縮至極)

並べてみると大変な数量です

先ずは、SL230エンジンとFTRの配線関係 

マフラーはSL230用 これはエキパイのみ切り取って

アップタイプレーシングアップマフラーを作ります

クラッチカバーにはオイルクーラーの配管を付けます

クラッチロッドの支持にはニードルベアリングが使われています(凄い!)

エンジンの程度も極上! このエンジンが、もう1基欲しかった

 (XLR200Rには既に積んでますが)

このSL230エンジンは、Yオクでも中々出ませんし、出ても高い

このエンジンは「タケガワ」のカム・ピストンでパワーアップさせます(既に準備完了)

   

クランクも削ろうかな?

オフでは初対面なのにこんなに良い物を頂いて、感謝感激です