趣味の総合サイト ホビダス
 

無限空間

|

CB50・CB90系エンジンとの長~く楽しいお付き合い

Archive for the ‘TL125依頼品’ Category

TL125S(バイアルス紅~号)をパワーアップ!(ん?)

日曜日, 5月 24th, 2015

3年前に搭載エンジンのOHを行った時に、一時的にお貸ししていた

CB125Sのピストン(0.5OS)を入れたエンジンのパワーを気に入った様子に応えて、

手持ち部品(中古)のパワーアップ部品と交換する事に相成りました

丁度、ジャンクエンジンから外したOSピストン(374、1.0OS)を入れる事に

昨日、工具一式と油脂類を持参しての「出張OH」、何かと不便だが、頑張る!

ヘッドガスケットは「桃さん部品」を少~し拡大して使用 鉄板3枚なので楽である

遠心フィルターも掃除 前回OHから3年程経っているが、ゴミは最小

簡単に作業は済んだのだが、妙にノッキングみたいな異音がする クタッチも滑る(全開加速で)

今日は、点火時期をずらしたり、ハイオクGASを入れるが改善せず

MJはノーマルの#95で良さそうだ(少しのアップなのであまり変わらない?)

プラグの焼けもソコソコの焼けでOK(少し白い?)圧縮比は10.5前後 キックは軽い

クラッチスプリングをXL200?用の赤SPに交換(1ミリ長い)して滑りは解消

カム山研磨/ポイント面研磨/オイル交換/左右グリップ交換/BAT充電/チェーン注油/シートボルト交換

などの整備も行った  塗装したシリンダだけ浮いている(笑)

帰宅してノーマルシリンダ/ピストンを見てビックリ! リングが折れていました

パワー不足はこれが原因?(TOPリングが折れるのは珍しい)

このリングセットは、1回交換されていて、前回OH時に合口の良否は確認済

アタシのせいじゃ有りません(苦笑)シリンダも縦キズが有りダメ(泣)

異音が気がかりだが、またそのうちOH確認したい

ちなみに御代は頂戴しません(紅~号、よっちゃん号は、全て無料です・笑)

 

TL125K0エンジンのオーバーホール-4

日曜日, 6月 23rd, 2013

昨日組んだTL125K0エンジンをCB90に載せます

TLは点火系がマグネット点火のためCB90(バッテリー点火)では回りません

でもって、TL125のイグニッションコイルに交換して始動 簡単に掛かりました

いつもの霞ヶ浦湖畔を試走  静かな良いエンジンですね~

キャブは手持ちの物を使用 セッティングは合ってないが、スムーズに走る

降ろして、発送 で、終了 延べ2日間の作業でした 

外観の簡単な磨きが入ると倍は掛かるかな?

   

TL125K0エンジンのオーバーホール-3

土曜日, 6月 22nd, 2013

7時半に作業開始  先ずはケースを割ります ネジが固く簡単には割れません

チェーンがタルタルだとここが削れます(過去削れてなかったエンジンは無い)

フィルターのスラッジは少なめ 実働時間は少ないみたい

  

ケースのネジが1本付いていません

下側のネジはサビが多くショックドライバーでやっと外れました(新品に交換)

洗浄してから、タップを通し、ブラストの砂やサビを取ります

  

中身に異常なく、心配したキックギアも無事でした

画像のギア左のベアリングに抜け防止のカシメポンチを4箇所(気休め?)

この後、張り付いたガスケットをカッターで剥がし

合わせの加工部を糸面取りし、油砥石で均します

 

洗浄した後、桃さんから頂いたガスケットセットを使い組上げて行きます

クラッチプレート/フリクションプレート/クラッチスプリング/他小物は支給の新品部品を使います

よっちゃんのTLに発生したプッシュロッドと同じ様に、1.5ミリ程磨耗してます

手持ちの良品を取り付けます(ベアリングタイプは手持ち無し)

K0は、クラッチを握る時間は極力少なくしたい所です

信号待ちでも、マメにニュートラルにして、クラッチはフリーにしましょう

  

ピストン/リング/ピン/ガスケットも新品を使います

が、リングは124cc用のため使用出来ない

付いていたTOPリングの合口を測ると0.3ミリ以下(新品並) OK~

ピストンも付いていた物を組み込みます(新品のピストンとリングは返却)

今回もクリップ組立確認は、ちゃんと画像で残しましたから安心(笑)

  

カムチェーンは新品です 調整ネジの出っ張り具合も最小です

1000km走ったら再調整しましょう

 

ヘッドガスケットの両面に薄く液体ガスケットを塗ります

なぜか、左前のヘッド合わせ面からオイル漏れが多いんですよね~

昨日用意していたヘッドを載せ、カム/ガバナー/ポイントを組み込み組立終了 

クランクケースは、新品の十字ネジで引き締まってますね~

キック/チェンジ/カウンターシャフトのオイルシール3点も漏れなく交換しました

昼食後に雨が落ちて来たので本日作業終わり

明日、CB90に積んで確認走行します(点火コイルをTLに交換するだけ)

  

順調に推移してますが、今日は腰が痛いっす(苦笑)

TL125K0エンジンのオーバーホール-2

金曜日, 6月 21st, 2013

先日分解した腰上部品を灯油で洗浄します 

ヘッドのカーボンもキレイに落とします

シリンダのTOP付近のカーボンも落とし、カム山も軽く磨きます

交換用の新品部品も色々準備して有ります

  

早速バルブの摺り合わせをやります

ピカピカなのでタコ棒もシッカリ吸い付きます

シート面もこんなにキレイになりました 幅も適正 

中古ヘッドでは、こんなにキレイに当りが出るのはマレです 

バルブを入れて、ポートに洗浄液を吹き込んで洩れチェック OK~

組み込んだ新品部品 

  

バルブを組み、ロッカーアームをセットして、ひとまず終了

タペットキャップのOリングも交換 丸→角に変形してます

ガバナーとポイントもバラシテ点検

磨耗も無く 洗浄してグリスアップ 

ポイント面の荒れも最小 油砥石で軽く面を磨いて

組み立てて、本日終了

  

ヘッド周りは最初に作業して用意して置くと後々の作業が楽です

残りは腰下をバラシテ洗って組み立てるだけです

「段取り8分」のルーチン作業でした(笑)

TL125K0エンジンのオーバーホール-1

水曜日, 6月 19th, 2013

午前中に着いたエンジンを早速腰上だけバラします

ネジが固い 締め過ぎ~ サンドブラストの砂がパラパラと落ちる

チェ-ンの張りがタルタル バルブスキマ過大(特にIN側)

心配してたテンンショナーの磨耗は少ない

  

もう一つの心配だったシリンダの段付/サビも無く一安心

カムの磨耗も最小 油砥石で軽く研磨すればOK

バルブシートの荒れも無く、良い状態 当り幅も適正

  

バルブスキマが過大だったせいか、ステムヘッドの凹み大

サンダーを使い、削り落とす キレイな面がでました

  

バルブのカーボンも落とします 燃焼室側と首をキレイにします

燃焼室側は、マイナスの溝があるので、ここまでしかやれません

タコ棒の吸い付きも良さそう~

  

雨空なので、玄関の内と外で作業

明日晴れたら洗浄/摺り合わせ/組立と一気にヘッド完成です

腰下もケースを割ってキックギアを確認します

また苦手の「ガスケット剥がし」が待っています(一番面倒)

さて、明日のお天気や如何に?

TL125S紅~号エンジンをお届け交換!速っ(笑)

日曜日, 4月 28th, 2013

昨日OHしたオリジナルエンジンを交換しに行ってきました(7時半到着・速っ(笑))

スペアーエンジンに付けていたTL用カムをオリジナルエンジンに戻す (スペアーENGはCB90用に)

戻す前に、TLカムの磨耗部分をヤスリで整えて、油砥石で仕上げました(普通やるのかなぁ~)

ユーザー先の現場での作業は得意です(レースメカニックにも通じます)

チャッチャと終了 喜びの紅~さんと、無事終了してホッとした無限さん

  

汚れを落として6ミリのネジを新品に換えただけですが、

オーナー様も仕上がりに満足のご様子でした(かな?)

ポイントカバーはスペアーENGに付けていたピカピカ仕上げ部品と交換

ワンポイントの輝きが、アクセサリーみたいです(ポイントですから 笑)

  

帰りは、安心したのかNAVI案内が有りながら

迷って、混雑したスカイツリー下まで行きました(大笑)

近くで見ると、ちっと違和感がありますな~

帰ってから、スペアーENGのポイント/点火時期の調整

さて、このエンジン売りに出そうかな? 伊豆ツーでは、妙にパワフル!との好評判(嬉)

  

TL125S紅~号エンジンのオーバーホール 完了!速っ(笑)

土曜日, 4月 27th, 2013

3週間前に預かったエンジは、3.5万km走行にしては、外観の手入れもよく、

ヘッドカバー辺りからのオイル滲みがやや有る以外良好~

ヘッドを開けて見てコンディション確認します カムジャーナル部のカジリも無い

ヘッド/ピストンのカーボンは、やや多い シリンダはOK リング゙もOK

以前、1回腰上OHやったと聞いていた リングは交換されたみたい

   

テンショナーの磨耗(凹み)も最小 これも以前交換されてますね

フィルターは初めて開けるが ゴミはこんなもんかな

  

左画像のネジ位置は、6速の部品が付く位置だが、なんかに流用できるのかな? 

ケース内部にスラッジも少なく、オイル管理はちゃんとされてるようだ

心配していたキックギアの欠けも無かった 

紅~さんは、野郎と違ってガシガシとキックしないんでOKなのかな?

合わせ面のガスケット剥がしが、一番時間が掛かる ケース外側のも汚れを取り

灯油で2回洗浄し、合わせ面のバリを取りクラッチ側のBRGをカシメてから

昨年、「桃さん」に頂いたガスケットセットを使ってケースに部品を組み込んで行く

日差しが強いのでまぶしい が、サングラスを掛けると見えない

風が強いので、駐車場から、いつもの玄関前に移動して作業してます

  

TOPリングの合口寸法も0.3ミリ以下で問題なし

ピストンピンクリップも忘れずに組み込みました(笑)

 

ボール盤にバルフを咥えてこびりついたカーボンを落とします

傘部の燃焼室側のカーボンをちゃんと落とすと

摺り合わせ時にタコ棒の吸い付きが良くなります ハンドドリルでも加工出来ます

次に、バルブステムヘッドの「虫食い」をサンダーで削り油砥石で仕上げる

EXが酷いが、在庫部品が無いので今回は修正のみで再使用

タペットボルト側の虫食いも有ったので同じく修正

チャッチャと摺り合わせして、ステムシール(EXのみ装着)を新品にして組立

当り面がやや広いが、ま問題なし

  

ヘッドガスケットの両面には液体ガスケットを塗り、ノックピンを16ミリに交換

ポイントも新品に交換されてから余り荒れてません 

荒れた面を油砥石で修正 グリスアップして、組立

赤錆だらけだったガバナーも洗浄してグリスアップして組立

 

で完成 と思いきや、カムがCB90なので載せ替え時にTL用と交換します

M6のプラスネジだけは新品に交換 見栄えが少~しヨロシイ(OHの証し?)

オイルを入れて、明日載せ替えに行きます 紅~さん待っててネ!

 

朝6時から始めて昼飯休みを30分取って、夕方5時まで掛かりました 

外観が綺麗だったのでなんとか1日で完了しました 実働エンジンは楽で良い

また頑張りましょう ん~腰が痛い(苦笑)

TL125Sスペアーエンジンの不調の原因?やっちまった!

土曜日, 4月 6th, 2013

先週の土曜日に載せ替えたエンジンの調子がオカシイ、と連絡が有ったので

再度行きました カムがCB用なのでセッティングが狂ったのかな?と思いつつ

オリジナルカムに交換、ポイントスキマを再調整して

点火時期を再確認したら、あらら?点火時期が全く合いません

そもそも「F」マークが無い? えっ 

組上げた時の位置は進角終了の刻印だったみたい(少し弄った跡の有ったエンジン)

高速は良いが、中速の加速がボコ付く現象でした カムは無関係でした

ついでにシリンダ左前からオイルまで洩れて来て「増し締め」して少し改善

ヘッドガスケットにはちゃんと液体ガスケットを塗ったはずだが?(やったつもり?かな)

点火時期をおよそ正規付近に調整したら快調になりました

パーッシャルから少し開けると少し違和感が感じられるが、ま、OK

プラグの焼けも改善して、こんがりキツネ色でOK 

紅~さんも「来週これで筑波サーキットまで行けますか?」って(苦笑)

エンコ(古っ)したら、拾いに行きますよ~、て返事しておきました(涙)

   

TL125Sスペアーエンジンの載せ替え

土曜日, 3月 30th, 2013

首都高速が事故渋滞のため柏ICで下道を走り

久しぶりの「花の銀座」(以前会社が有った)をトコトコと

2時間40分程で到着(帰りは3時間) 

紅~家の前の路上で、チャッチャと作業終了 その後試走 

キャブセッティングがいまいち出ないが、ゆっくり走る分にはOK

2次エアーも吸った跡が有ったんで

インシュレータの前後に液体ガスケットを塗ってキャブ取り付けました

  

外観は非常にキレイです さ、楽しみですね~

 

TL125のクラッチスプリング押さえのボルトが折れた!?

日曜日, 3月 10th, 2013

クラッチスプリングを強化したく、ネジを緩めていたら

この部品(クラッチプレッシャープレート)にネジ込んである4本のうち1本が折れ込んだらしい

頭が出ていなくて取れないとの事なので、ガサゴソと部品置き場を確認

有りました! 捨てないで良かった!(ずっと変更の無い部品なので助かります)

ついでに新型のフランジボルト4本もプレゼントします(着払いで送付)

折れたネジの破断面は黒くなってたらしいので   (こんな事は初めてですね) 

徐々に逝ったみたい(最後に締めたのはアタシですが、何か?・笑)

本日は、体調不良の為、他の作業は無し

外気温 26.4度! ひぃ~