趣味の総合サイト ホビダス
 

無限空間

|

CB50・CB90系エンジンとの長~く楽しいお付き合い

Archive for the ‘TL125部品’ Category

TL125(CB/CD/SL共通)ヘッドを整備保管

水曜日, 11月 29th, 2017

ジャンク部品で廃却予定だった一体型ヘッドを、良く確認するとまだ使えそうだ

バルブ/バルブSPは、丁度イーハトーブ(JD03)の中古良品(磨き済)が有った

P/Lで確認すると、共通部品なので組付ける

摺合せをして、外からポート内に部品洗浄液を吹き込んで、漏れ確認 OK~

灯油/ガソリン等より浸透し易い(灯油でOKでも洗浄剤では漏れた事が有った)

「光明丹」なるものは使わない(持っているが過去使用した事は無い)

摺合せした部分の表面を見て判断するやり方が、よく判る(個人的に)

ここらが無限さんの「コダワリ」の部分なり

燃焼室にキズが有るが、使用には差し支えない(矢印付近)

誰かの修理用になれば嬉しい 外観は金鋸刃で汚れをざっと落とした

ネジ穴もタップを通した(プラグのネジ穴にもカーボンが有るので)

今日は、コッタが簡単に組めた 要領を掴むとスムーズにコッタ溝に落ちてくれる

ロッカーアームを組んで終了 シャフト押えのプレートは欠品

9時から1時まで作業 今朝は妙に暖かい

毎日、部品整理中 まだ大量に残っているが(笑)

TL125用180/200クランクを削る-2

金曜日, 10月 2nd, 2015

丸く削ったクランクは、バランスを崩しているので(コンロッドピン側が重い)

コンロッドピン横をオムスビ形状に切り落とします(センタ振り分けで10/80ミリ)

「バランス率」などは良く判らないので経験値(だいたい)で決める

185用は、中心が少しずれて削れたが、使用には問題ない

ベアリングを両手で持ってバランスを確認すると良い感じ

見た目は「ロードレーサー用」みたい(吹けは良くなる)

もう10本以上加工してるので「勘」も鍛えられている(はず)

3時から4時半まで掛かったが、上手く切れて良かった(嬉)

TL125用180/200クランクを削る-1

木曜日, 10月 1st, 2015

ストロークの長い185/200のクランクはミッションギアが左ウェイトに当るので小さく削ります

左が185用 右がXR200用(ACGのテーパー部が太い)

次に、バランスがずれるのでコンロッド側のウェイトを削る必要が有る(目見当)

TL125ペガサス号のウインカーリレーを修理した!!OッK~~

日曜日, 12月 16th, 2012

黒箱(Black Box)の中身を開けて(4個共、コンデンサ/抵抗は全く同じ物)、

電解コンデンサや抵抗を外して、端子を磨いたり擦ったりして、ジタバタするが、改善せず

ん?、スチッチを入れた瞬間は「チカッ」と1回点滅する事に気が付いて、良~~く考察すると

SW-ON時の突入電流ではリレーのアクチュエータを引ける→→ON後の定常電流では引けない→→

ほんじゃ~バネを柔らかくする→→バネ定数を下げる→→バネを削る!!

と思考が進行  無謀(笑)にも、1.6ミリのドリルでバネの根っ子に穴あけを敢行

おっとっと!  バネが歪んで、失敗? いえいえ歪みを修正して、車体に取り付けると

ヤリィ~~~~~~~~~~~~~~~~~ チカチカ!した

  

ドリルでは歪むので、他のはリューターでコリコリとバネを削ると、OッK~(歪まない)

  

4個のリレー全て、アイドリング/ブレーキランプ点灯時でも チカチカ  

タイミングも速くなく良い感じで(点滅速度を決めるコンデンサ/抵抗の変更は無いので)、修理完了 

1京都さんから頂いた物/在庫品の全部が良品となりました(パチパチ・自画自賛)

アタシのペガサス号には、ドリルで穴あけしたのを装着(信頼性が低いので)

  

アタシは、電気屋じゃないので、コンデンサ/抵抗の扱いは苦手ですが

本職は機械設計屋  バネの扱いは得意です(笑)

バネの耐久性等に問題が有りますから、

バネの扱いに不慣れな方は真似しないで下さいね~(自己責任でやってますから)