趣味の総合サイト ホビダス
 

無限空間

|

CB50・CB90系エンジンとの長~く楽しいお付き合い

Archive for the ‘TL125K0エンジン’ Category

TL125K0エンジン-4の組立-2

土曜日, 6月 3rd, 2017

リング合口も0.3ミリの良品 若干サビが有るが、充分使えるシリンダー

ノーマルサイズ(56ミリ)のピストンも中古良品 オリジナル部品です

カムチェーンが通る部分には液体ガスケットを薄く塗る 何故かここから漏れる事が多い

ヘッドガスケットは、「桃さん」謹製の「鉄板3枚重ね」を使用 信頼性抜群です

ポイントベース/ガバナー共「329]刻印の初期型を組んで、終了

塗装無しなので「派手さ」は無いが、中々渋い 誰か買ってくれるかな?

この部分が「K0」の証です(分かるかな?)S/Nは当然ですが

今日は、湿気も少ない快晴 午後は暑くなりそうだ

今日も体調は良好なり

TL125K0エンジン-4の組立-1

金曜日, 6月 2nd, 2017

3日前から不純な天気の合間を縫って、分解/洗浄/磨きを行っていた

ABG/チェーン/クラッチのカバーは塗装されていたので、剥離剤で剥がし簡単に磨いた

今日は体調も良く、7時頃から快晴になったので組むことにする

どうも競技に使われていた様で、外観にキズは多いが中身は程度が良かった

特にカムチェーン/tテンショナー周りの摩耗は最小で、10000kmも走っていない感じだ

欠点の「キックギアの欠け」も無く、中身に問題は見当たらない

クラッチスプリングは、少し自由長の長いTLR200の物を組む(プチ強化)

ノーマルスプリングだと、そのうち滑ってくるのは判っている

M6プラスネジは、ホムセンで調達した新品で決める(印象が、ぐっと向上・笑)

背中に日が当たり、暑くなったので腰下を組んで、本日は終了

明日、腰上に掛かる すでにヘッドのOHは済んでいるので、簡単だ

随分前に買ったバイアルスのエンジンが3基と腰下2基あるが、もう面倒なので、

この「K0」と内外観共にキレイな「K2」だけを完成させて、

他は廃棄する事にする (磨く気力が失われて来ているんですよね~)

どうも体調に波が有るが、今日は好調なり

TL125K0エンジンの修理

火曜日, 6月 10th, 2014

東静岡の新米爺さんから、カムチェン部から突然異音が発生!(泣)とのTEL

おそらくテンショナー下のEリングが外れたんだろうから、こちらに送ってと返答

早速見てみると、案の定Eリングが有りません (このエンジンの弱点のひとつ)

幸い、ケースに落ちた部品も出てきました(右側のEリングは参考)

Eリングをやめて、M5のネジを取り付けます(M4の方が加工し易い)

Eリング溝まで削り取って、CAPボルトを付けます

CAPボルトの頭の径は8.5ミリ、シャフト径は6.5ミリなので、もう絶対外れません

LOCレース用のCB125Sエンジンは、全てこの方式に交換(M4ネジ+平ワッシャー)

レース仕様でEリング゚が落ちると、ピストンとバルブが当たってピストンに穴があくか、

バルブが曲がって大変な事になります(エンジンブロウですめば幸運ですがね)

燃焼室のカーボンが多かったので、カーボン除去/バルブ摺り合せ/ステムシール交換

テンショナーのスライド面が剥がれていたので、程度の良い中古品に交換

チェンジ/カウンターのオイルシールも交換しました ドレンのOリングも交換

エンシンフィルターのスラッジも除去(あまり無かった)

TOPリングの合口スキマが少し大きい(0.5ミリ 次回は交換かな?)

ピストンピンクリップもちゃんと入れて(笑)

新品のヘッドガスケットを組んで、ヘッドを被せます

点火時期とポイントスキマを調整して、終了

現在、CB90が不動状態になっているので、試走は出来ません

このまま返却します  ま、大丈夫でしょう

出戻り3回目のエンジンです(苦笑)