趣味の総合サイト ホビダス
 

無限空間

|

CB50・CB90系エンジンとの長~く楽しいお付き合い

Archive for the ‘TL125K0エンジン’ Category

TL125K0エンジンの修理

火曜日, 6月 10th, 2014

東静岡の新米爺さんから、カムチェン部から突然異音が発生!(泣)とのTEL

おそらくテンショナー下のEリングが外れたんだろうから、こちらに送ってと返答

早速見てみると、案の定Eリングが有りません (このエンジンの弱点のひとつ)

幸い、ケースに落ちた部品も出てきました(右側のEリングは参考)

Eリングをやめて、M5のネジを取り付けます(M4の方が加工し易い)

Eリング溝まで削り取って、CAPボルトを付けます

CAPボルトの頭の径は8.5ミリ、シャフト径は6.5ミリなので、もう絶対外れません

LOCレース用のCB125Sエンジンは、全てこの方式に交換(M4ネジ+平ワッシャー)

レース仕様でEリング゚が落ちると、ピストンとバルブが当たってピストンに穴があくか、

バルブが曲がって大変な事になります(エンジンブロウですめば幸運ですがね)

燃焼室のカーボンが多かったので、カーボン除去/バルブ摺り合せ/ステムシール交換

テンショナーのスライド面が剥がれていたので、程度の良い中古品に交換

チェンジ/カウンターのオイルシールも交換しました ドレンのOリングも交換

エンシンフィルターのスラッジも除去(あまり無かった)

TOPリングの合口スキマが少し大きい(0.5ミリ 次回は交換かな?)

ピストンピンクリップもちゃんと入れて(笑)

新品のヘッドガスケットを組んで、ヘッドを被せます

点火時期とポイントスキマを調整して、終了

現在、CB90が不動状態になっているので、試走は出来ません

このまま返却します  ま、大丈夫でしょう

出戻り3回目のエンジンです(苦笑)