趣味の総合サイト ホビダス
 

無限空間

|

CB50・CB90系エンジンとの長~く楽しいお付き合い

Archive for the ‘XR200RエンジンME05’ Category

TL125改170とXR200のエンジンをヤフオクに出品

木曜日, 4月 24th, 2014

資金稼ぎ(遊興費)のために、泣く泣く「お宝」を出品

良いエンジンですので、是非ご入札の程御願いしますm(__)m

XR200Rのピストンを購入

土曜日, 1月 28th, 2012

CB90B3、CB100、TL125S用ヘッドと一緒に手に入れた

TLR200のクランクとピストンを確認

クランクは、TLR200の物でしたが

ピストンには「446」の刻印 PL確認するとXR200R!!

TLR200のピストン(刻印KJ2)とは、TOPが1mm程違います(高い)

コイツはXL200Rのエンジンに使おうっと(嬉嬉)

     

XR200Rエンジンの白煙の原因を探す!

日曜日, 1月 8th, 2012

腰上をばらす前に、ヘッドに溜まったオイルをケースに落とそうと

横にしたら、カウンターシャフトからオイル洩れ ありゃりゃ!!

オイルシールを交換します 細いマイナスドライバーで外からほじくり出します

リップ部を軽く磨いてから、桃色グリスを塗ります 

         

リングの向きには問題有りません「R」刻印が上

どうやら、前のヘッドガスケットを十分剥がしていなかったのと

塗ってあった液体ガスケットも少し残っていたので

スキマが出来ていたみたいですね~ (ヘッドのトルクも1箇所弱かったし)

茶色の部分を丁寧にオイルストーンではがして、

ヘッドガスケットも新品に(鉄板なんで再使用してました)

           

ステムシールも交換します やはりスルスルでした

ただこの程度では、オイルは下がりませんが、念のため

ついでに、バルブの摺り合わせも軽く行いました

         

カム・CDIピックアップもXRに戻して、暫し保管です

5諭吉位で売れないかな~(笑)

XR200Rエンジンが2ストに!?

日曜日, 12月 18th, 2011

ケッチンを喰らいながら、始動させたら

あらら 青白い煙が

画像ではハッキリしませんが

NSRの2倍位  ありぃ??

リングは確認したから、ステムシールかぁ~

125エンジンをOHして載せ替えてから、ばらしましょう

XR200Rエンジン 納得のセッティング

日曜日, 12月 11th, 2011

午後1時まで、寝ていました

が、寝ていても「バイク弄り」が頭から離れません

ちょっと気分が持ち直したので、

気になっていた 低速のカブリを改善したくて

フィルターのスポンジを外しました

てか、左のスポンジなしのフィルターに交換(網目が細かいので一応役目はしそう)

で、いつもの土手にGo!! 30分ほど、トコトコと走ってました

結果は、再始動も問題なし プラグもOK 

一応改善したので、これにて完了

調子良くなると、200を降ろしたくなくなるのは、人情ですが

125に戻します

XR200Rエンジンのセッティング

日曜日, 12月 4th, 2011

いつもの土手を走ります

プラグが黒いので MJ #98→95 SJ #40→38

元はTLR200のキャブですが 

ノーマルのXRとは、IN/EXの部品が異なるので、

キャブセッティングは、大幅に異なるみたいです(?)

そうこうしている内に、キックペダルの根っ子が破断 やっちまった!

押し掛けで、始動 中々上手く行かなくて、汗びっしょり

昨日、一番状態の良くないペダルと交換したので、ま、仕方ないです(苦笑)

キレイに割れてますね

在庫の3本のうち、サビの多いのと交換です(笑) シャフトは無事でした

XR200エンジンは、これにて終了 良いエンジンでした(そんだけカイ!)

来週は、125エンジンをOHして載せ替えます

1日で、3回ものブログ更新  勿体無い? いえいえ忘れないうちに

XR200R エンジンを調整

土曜日, 12月 3rd, 2011

雨が上がったので、早速「お店」を開きます

バッテリーが逝っちゃっていたので交換します (動かしてないし)

サイズが小さいので、スキマ埋めの為、スポンジを巻きます

キックペダルも交換 M6ボルト用に戻します

あれこれ集めたら、こんなに有りました 全部「OK牧場」です

右端がM8ボルト用 微妙に形状・角度が違います ご参考までに

1次減速比が速い(125:3.866、200:3.333)ので、

ドライブスプロケットを 15歯→14歯に変更(CB90用)

これで、トコトコ走りも大丈夫です

カバーとボルトが、少~し当りますが、気にしません

やたらピックアップが良く、(バルブが大きい・圧縮比も高い)

フロントもピッ!と上がります (恐いので10cm程・笑)

TLR200のマイルドカムを組んでますから、低速もバッチリです

TLR200よりアタシ好みです

これで、エンジンの掛かりが良ければナイスなんですがねぇ

XR200Rエンジン復活! ん?

日曜日, 11月 27th, 2011

近くのアストロプロダクトにでクラッチホルダーを購入(3300円)

ちゃんとした(笑)工具は、ちゃんと使えます  大したもんです(笑)

が、キーはちゃんと破損せず付いてます

再度ローターを付けて、キックすると

あらら(最近この言葉が多い)、始動しました

訳が判りません(泣)

XR200Rエンジンをペガサスに載せる が!残念

水曜日, 11月 23rd, 2011

左が降ろしたペガサス、右がXR200R

簡単に載ると考えたんですが 

そうは問屋が卸しません (古ッ)

その前に体重測定 全く同じですね

載せた後、キャブを取り付けるんで、ここを削らないと

キャブインシュレータが当るんですよ~

テッペンのハンガーボルトは諦めました  左右の位置も違うし

エンジンを回した感じでは、左右のブレも無いし

その後、エンジン掛かったんですが すぐストップ 再起動しない なぜ?

火花が飛ばないので、電装関係を疑って、2時間余り格闘した末に

答えは、ACGのキーが、締め付け不足で、破損してました

真っ二つ!です (泣)

CBのだとこんなに出っ張ってるんですが (インナーロータのXL125K2も同じ)

左がCB用 右がXR(TLも)

こんな感じです 

デコンプのワイヤがエキパイに当るので、

園芸用のアルミ線を巻いて熱を遮断 これは効果有ります お試しあれ

霞ヶ浦湖畔の土手の内側でテスト 

TLR200に較べて、吹けが、すこぶる軽い

と感じた途端STOP  またかい 

専用工具を使ってないので、また同じ原因です

CB50系でも同じ事をやってます

家から近いので、押して帰りました(1.5km?・笑)

専用工具買わないと

XRエンジンは、6速の感じも良く まぁ~OKかな

ただキックが重いので(ケッチンも有るし)

さ,来週には125に戻します 

XR200R エンジンをペガサスに載せた~い

日曜日, 11月 20th, 2011

実働確認したいんで,ペガサスに載せるべく準備します

先ずは、TLのACGユニットが組めるか確認するため

ACGを外して見ると、チェーンガイドが逆さまです

こちらが正解  

クランク端の形状がTL125と同じなので、

TLのACGユニットが組めます ひと安心です

スプロケットの位置が5ミリ外側なので (チェーンサイズも520→428変更)

厚み2.5ミリのフィキシングプレートを2枚追加します 

シャフトのスプラインに入る部分は丸く削ります

5ミリ長いボルトで取り付け

こんな感じになりました

TL125は、こんな感じです 一応ハンガーボルトからの長さは測ってます

ニュートラルスイッチが無いので、N線はACG線に縛り付けます

いよいよ心配なので、腰上をばらします

テンショナーの磨耗は問題無し

期待していたピストンは65.5ミリのノーマルでした (残念)

ヘッドのカーボンは全く無し 回した形跡無し バルブは新品

ポートに洗浄液を吹き込んで、燃焼室に洩れてこないので 圧縮OK

シリンダもキレイな物です

ピストンのオイル穴に面取り加工を

ほんの気休めです  223系のエンジンには穴も有りません

クラッチ側もばらして確認します

フィルターにもスラッジは無し OHしたまま全く回していません

TLのカムを組みます(XRだと、タンクに当るので)

回転はスムーズになりました (ヘッドの組み付けに問題有り)

チェーンの張りが強いので、3ミリのネジで調整

TLのカバーで蓋をして、終了

ヘッドのノックピン ピストンピン等に問題有りのエンジンでした

ばらして確認したのは、大正解でした

さて、水曜日にでも積みますかな