趣味の総合サイト ホビダス
 

無限空間

|

CB50・CB90系エンジンとの長~く楽しいお付き合い

XLR125Rカム改造-4(バルブ加工)

9月 5th, 2018

バルブ同士が当たらない様に、全長/外径をディスクグラインダーで削る

何とか、0.8ミリを確保出来た 少し当り面幅が広いが、気にしない(笑)

ポート/ロッカーアームの加工は行わない(公道用の予定なので)

加工部を軽く磨いて組み、ポイントカバーを付けて保管(CBのエンジンに流用可能?)

さて「出番」は何時になることやら(苦笑)

台風一過の蒸し暑さの中で、8時半から1時間程作業

XLR125Rカム改造-3(ヘッドに組込/確認)

9月 4th, 2018

早速、125ノーマルヘッドに組付ける

分割ヘッドの燃焼室側に置く 問題無い

左:ノーマルカム(2本線) 中:CB改造カム 右:ポイントベース取付

ヘッドカバーとの確認 OK

左:ノーマル 中:CB改造カム 右:ポイントベース組込

ヘッドカバー/ヘッドを組み合わせても、スムーズに回転する ガタも無い

ポイントベース側の確認 OK スプロケットはCB125JX用

レーシングカムだとバルブはお互いに当たるので、CB並に外径加工の必要有り

バルブ自体は、XLR125R専用(CBとはコッタ溝位置/コッタが異なる)

燃焼室形状は、CB(JA/JB)より小さくCB(J)からスキッシュが無い感じだ

バルブ径はCB125JX(JA/JB)と同じ様だが、(30ミリ/25ミリ)

ポートがやや細く、傘部前も「ハイポート」で好みの形状だ

BRG支持カムの優劣に関しては、各人の意見は有るが

現役時代、ポイント側だけボールBRG支持に改造した経験によると(45年前)

特に不具合は生じない カムシャフトの回転が安定するのが気に入っている

15000回転は楽に回りそう?(昔の改造では、楽に回せた)

XLR125Rカム改造-2(加工/組立)

9月 3rd, 2018

寸法を測り、削り部分の数字を書き出す

削る段取りを考えた寸法にする(加工時に考えなくて良い)

2時間半ほど掛けて完成 BRG部の寸法が0.04ミリ細くなったが、まOK

嫌気性強力封着剤を塗って組むので問題は無い

左:ノーマル 中:今回改造分 右:CB125JX(ウエダレーシング)

スプロケット部の圧入は、圧入代を多めにしたので上手く行った

振れも0.05ミリ以内でOK(多少振れても問題はない)

明日、125のノーマルヘッドに合わせてみる

古い旋盤で精度出しに工夫がいるが、何とかなった(小嶋社長Thanks!)

蒸し蒸しした1日で有ったが、久し振りの旋盤作業に満足した

 

XLR125Rカム改造-1(分解/確認)

9月 2nd, 2018

クラブマン2号に載せるエンジンは、XLR125R改を準備しているが、

CB125JX用のウエダR用カムを改造して、更にパワーアップを図りたい

(現在は武川のカムを組んでいる)

組付け基準のケガキ線を入れてから、

FTR223のカムを分解して必要な部品(BRGとスプロケットベース)を確保

下のカムを、上のカム形状(軸受け部)に加工する予定

果たして上手く行くかな?

久し振りにライトデザインに行き、小嶋社長と昔話に盛上る

CB90JXのリアブレーパネル/シューを中古に再交換

9月 1st, 2018

新品のシューを組んでも、どうもカチッとした感じが出ない(出そうにない)

この現象は「CB90R」製作時にも経験した(どう組み合わせてもダメ)

ブレーキパネルの3個目でやっとOKになったし(2個は廃却)

そこで、昨日届いた落札部品を組むと良い感じだ(シューも充分有る)

うん、これで良さそうだ やれやれ

もう1個落札したので、届いたら組んで確認したい

古いドラムブレーキは、シューを新品にしただけでは良くならない

ドラム/パネル/シューの組合せで、全く異なった効き具合になる

サーキットでは後輪ブレーキを強く掛けないが、(エンジンブレーキが効くので)

公道ではしっかり踏み込むので、大変重要な整備である

降りそうな空を見ながら、30分程で終了

台風の進路が気に掛かる

CB90JXのリアブレーキシューを新品に交換

8月 31st, 2018

フロントブレーキは油圧ディスクキャリパー(CB750K6用)に交換しているので効きは抜群

そこでリアのシューも新品に交換する A〇azonからディトナ製60213を購入

問題無く装着出来たが、初期当たりが出るまで後輪ブレーキで慣らしたい

カブ系の110ミリ径のシューは、安価に購入出来て良い

早朝6時半から7時過ぎまで作業

この時間に陽は当たらないが、それでも汗はダラダラと流れれ来る

CB90R専用 ローラースタ-ターの試作-34(キャリア製作-3)

8月 26th, 2018

ユニットの取っ手にゴム足を付けて、立たせる事が出来た

キャリア単体では、専用の保管用部品を取り付けるて立たせる

取っ手基部の補強は必要なさそうだ(曲げてみても結構頑丈だ)

8時から始めた作業は暑すぎて熱中症に掛かりそうになった

そろそろ涼しくならないかな~

CB90R専用 ローラースタ-ターの試作-33(キャリア製作-2)

8月 25th, 2018

取っ手を付ける L型アルミ材を上手く使ってリベット留め出来た

全長105cm程で引いて移動させるには丁度良い長さだ

設置側にはゴム板を貼る

全てリベットで組み立てし、スターターユニットとの接続ボルトを設置した

取っ手とベースフレームとの接続部がやや弱そうなので補強が必要だ

立てて置くためのステーも追加したい あと1日で完成かな?

6時半から9時まで作業 今日も暑~い

CB90R専用 ローラースタ-ターの試作-32(キャリア製作-1)

8月 24th, 2018

ピット内での移動に不便なので、キャリアを作ることにした

廃棄する4輪のガーデニング農作業車を解体して、アルミフレームと取っ手を使う

ベース板は、250×500×2.0(ミリ)のアルミ板 でブラインドリベットでフレームに貼り付ける

以前スクーターエンジン使用のスターターから外した、車輪/シャフトを再利用する

明日、取っ手を取り付けたいが難しそうだ (溶接すれば簡単なのだが)

午後2時から5時半まで作業 久しぶりの創作活動は超~楽しい!

残暑厳しい8月も、やや涼しく感じられて来た

NSR250R・銀テラ 立秋の動態確認

8月 19th, 2018

酷暑の夏が過ぎて、昨日今日は秋の風~

鈴鹿からの遠征組の友人に会いに筑波サーキットに行く

真夏は走りたくないのだが、比較的涼しくなったので出発

友人には会えて、あ~じゃこうじゃとおしゃべりした

ふと見回すと、桐高レーシングのライダーが、約1名(宇敷さん)

ヒマなので、サポート役を引き受けました

iPhoneで撮影した画像が上手く編集できないので、これ1枚だけです

いつもの通りあれこれ激励して、予選/決勝を無事走り切り終了

最終戦も楽しみましょう!

70km走って6L給油 信号が多かったにしては悪すぎ

そろそろエンジンを触ってやろうかな?

やる事がイッパイ有って、秋から忙しくなるぞ~(笑)