趣味の総合サイト ホビダス
 

無限空間

|

CB50・CB90系エンジンとの長~く楽しいお付き合い

CB125SレーサーのタンクをFRP補修

6月 9th, 2017

5/4のモテギ以来6/6までず~とGASを入れっ放しでホビオに積んでいた

和室に移動した時、タンクにGAS滲み(漏れでは無い)が有ったので

表面を少し削り取って、FRPで補修した(右側だけだった)

30年以上前に入手した時は、ボロボロの状態でかなりの面積を補修した

その時の補修跡では無く、他の部分から漏れていた(ゲルコートを削った)

MT125Rのタンクと較べるとFRPの厚さが随分と薄い(その分軽いが)

たまにしかやらないFRP作業も結構面倒だ(チクチクしない体質なので助かる)

明日にでもタッチアップ塗装したい

今日は暑くなるよの予報だったが、曇り空で28℃ほどにしか上がらない

湿気も少なく快適なり

TL125K2エンジン-4の組立-2(腰上)

6月 7th, 2017

「122刻印」のシリンダーを、56ミリ⇀57ミリにボアアップして使用

ピストンはCB125S用(凹みが無い)新品で、圧縮比も上がっている

先日OHしたヘッドなので、簡単に組み立てるだけだ

鉄板のヘッドガスケットに少々液体ガスケットを塗りオイル漏れに対処する

カム山に少し段付が有ったので磨く

クラッチレバーは、サビ取り液に浸しているので後日塗装して組み込む

先日組み上げた「K0」よりキレイです(元の汚れが少なかったんで)

K0はオリジナル重視でしたが、こちらはプチボアアップです

曇り空で気温も上がらない もう梅雨にはいったかも?

CB125Sレーサーのエンジンを戻し和室に保管

6月 6th, 2017

167エンジンを載せていたので、オリジナルの122改124エンジンに載せ替え

「和室」に保管 CDI点火からフラマグ点火に戻す

ポイント点火で14000回転まで、何の問題も無い(つい回し過ぎる)

「TL125」のポイント/ガバナーを組む 進角したままにする(針金で固定)

さて、次の出番は何時かな?

今日は涼しくボンヤリした天気

「梅雨」入り宣言も近し(九州は今日入梅した模様)

TL125K2エンジン-4の組立-1(腰下)

6月 5th, 2017

手持ち部品で組立 明日は腰上を組めそう

TLR200のクラッチスプリングを組む クラッチレバーは塗装の為、サビ落し

これで、TLエンジン(バイアルス)は最後です(上手く部品が揃えば、もう1基)

今日も爽やかなお天気で、元気イッパイ!なり

TL125K0エンジン-4の組立-2

6月 3rd, 2017

リング合口も0.3ミリの良品 若干サビが有るが、充分使えるシリンダー

ノーマルサイズ(56ミリ)のピストンも中古良品 オリジナル部品です

カムチェーンが通る部分には液体ガスケットを薄く塗る 何故かここから漏れる事が多い

ヘッドガスケットは、「桃さん」謹製の「鉄板3枚重ね」を使用 信頼性抜群です

ポイントベース/ガバナー共「329]刻印の初期型を組んで、終了

塗装無しなので「派手さ」は無いが、中々渋い 誰か買ってくれるかな?

この部分が「K0」の証です(分かるかな?)S/Nは当然ですが

今日は、湿気も少ない快晴 午後は暑くなりそうだ

今日も体調は良好なり

TL125K0エンジン-4の組立-1

6月 2nd, 2017

3日前から不純な天気の合間を縫って、分解/洗浄/磨きを行っていた

ABG/チェーン/クラッチのカバーは塗装されていたので、剥離剤で剥がし簡単に磨いた

今日は体調も良く、7時頃から快晴になったので組むことにする

どうも競技に使われていた様で、外観にキズは多いが中身は程度が良かった

特にカムチェーン/tテンショナー周りの摩耗は最小で、10000kmも走っていない感じだ

欠点の「キックギアの欠け」も無く、中身に問題は見当たらない

クラッチスプリングは、少し自由長の長いTLR200の物を組む(プチ強化)

ノーマルスプリングだと、そのうち滑ってくるのは判っている

M6プラスネジは、ホムセンで調達した新品で決める(印象が、ぐっと向上・笑)

背中に日が当たり、暑くなったので腰下を組んで、本日は終了

明日、腰上に掛かる すでにヘッドのOHは済んでいるので、簡単だ

随分前に買ったバイアルスのエンジンが3基と腰下2基あるが、もう面倒なので、

この「K0」と内外観共にキレイな「K2」だけを完成させて、

他は廃棄する事にする (磨く気力が失われて来ているんですよね~)

どうも体調に波が有るが、今日は好調なり

CB125S(RSC)のクランクBRG/スプロケットの組立

5月 27th, 2017

数年前にYオクで入手したCB125Sレーサーの予備クランク(RSCキット?ほぼ未使用)に

先日外したスプロケットと新品のBRGを組む(BRGはカラー不要のノーマルサイズ)

入手時、BRG/スプロケットが抜かれていたので、そろそろ完成品にしておく

まずは、コンロッドピンを基準にしてキー溝のセンターに合わせ線をけがき、

スプロケットの歯山のセンターに同じくけがく(虫眼鏡と老眼鏡が必要・笑)

「準備万端」! あとは、組むだけだ(押し込むだけだが、一発勝負)

先にBRGを簡単に圧入し、スプロケットのケガキ線を合わせて圧入

どうやら上手く組めた様だ 振れを±0.02ミリに調整して終了

「段取り」をキチンと考えて作業したのが良かった

鈴鹿レーシング製よりやや大きいが、これでCB125Sレーサーのクランクは安心だ(嬉)

CB125JXエンジンのクランクベアリングを抜く

5月 25th, 2017

コンロッド大端部を焼付かせたクランクからスプロケットとBRGを抜く

スプロケットは簡単に抜けたが、BRGはアレコレ工夫する必要が有った

中央の画像の様に工具をセットして(付属ボルトは短いので別のボルトを使用)

工具を銅ハンマで軽く叩きBRGを少しずつずらし、最後は引張って完全に抜く

Amazonで工具を購入したが、少し改造した(ウェイトとのスキマに入る様に)

無事終了~

朝から雨模様なので玄関の中での作業になった やれやれ

体調は」すっかり戻った(嬉)元気がイチバン!(笑)

CB125JXエンジン(J)-9号機の組立-7

5月 16th, 2017

ヘッドの塗装は止めて、とりあえず1基に組立てて保管することにする

初期型なのだが、カウンターのニードルBRG/440オイルポンプ/謎のM6ネジ穴が後期型

カウンター/キック/チェンジのオイルシール ステムシール・ACG角リング/ガスケットを新品に交換

他は全て再使用部品でまとめる さて、どうしよう?3基のノーマルエンジンを

初期型ベースのレース用でも充分走れるのを確認出来たし(モテギで走った)

今後の出番も有りそうなので安心だ(嬉)

もう一つのヘッドの中身も組立てて、一緒に保管

バラバラの部品は場所を取るし、部品が行方不明になるので

可能な限りASSYで持っているのが一番なり

日差しは強いが、さほど暑くないので助かる

体調が、まだ良くない

XE75のFブレーキパネルを交換

5月 14th, 2017

2003年頃に改造してブレーキロッドが使えるようになっていたパネルをノーマルに交換

なんの目的で改造したのか忘れたが、これで違和感が無くなった

今日は雨が落ちそうな曇天なので、大した作業が出来ない(ポツリと来た)

体調は少し良くなったが、汗をかかないとスッキリしない

体調不良は、モテギからなので、まだ「疲れ」が残っているのかなぁ?